私は普段から目を使う仕事をして困っています。具体的にはパソコンを使っているので目の疲れが貯まりやすいと思っています。そして目の疲れが増えると体調不良になるのです。

私は以前から目の疲れの影響で色々な問題が起こっています。実際に目の疲れの影響で頭痛や目眩を頻繁に経験しました。また時には吐き気にも襲われて立っていることができなくなりました。そういった時は座って疲れをなくす努力をします。

目の疲れは危険なので対策は必須だと思っています。自分は目を使わないような工夫もしています。

しかし仕事では目を使うので体力も必要だと感じます。また上手く目の疲れをコントロールすることも大事です。

しかし私は目が疲れやすい体を持っていると思います。なぜなら数時間のパソコンで頭痛や目眩が酷くなるためです。だからこそ休憩は絶対に必要になります。これがなければ視力低下も非常に早くなると思います。

目の疲れを回避するためにはテレビやパソコンを使わないことです。私は以前はテレビも見ていて疲れに気付かなかったのです。しかしメガネを交換してからテレビが悪いことが判明しました。それからはテレビを殆ど見なくなって生活をしています。

結局は目の疲れを意識することが基本だと感じます。私は昔からあまり目には関心を持っていなかったのです。しかし視力低下から目を意識する生活が始まりました。

実際に目が悪くなると生活も大事だと考えます。特に目の疲れは視力低下に繋がるので危険です。それを放置すれば確実にメガネを作ることになります。しかし自分の場合は遺伝の影響で目が悪くなったと思っています。

目の疲れと目眩や吐き気は繋がっているものです。つまり目の疲れからそういった症状が出るので危ないのです。また対策としては目を使わないことが最も大事です。

私は目の疲れ対策として食事に注意しています。具体的には目に良いものを食べて健康を保っています。そして危ないのはストレスなので常に意識しています。